家づくり,注文住宅について|注文住宅,モダン住宅,高級注文住宅,豪邸,デザイナーズ住宅,京都,京都府,京都市,滋賀,滋賀県,愛知,愛知県,名古屋,東京,東京都,神奈川,神奈川県,千葉,千葉県,埼玉,埼玉県

Design1st.の注文住宅作品集やお打合せから工事の流れなどをご説明した冊子を無料でお届けいたします。

一級建築士 募集しています!!

無料で新築 建替え
 注文住宅プランニング

注文住宅 モダン住宅プランニングは
一目で完成後のお家がイメージできるご提案をさせていただいております。プランニングは無料でさせていただきます。
∴ 注文住宅 モダン住宅をご計画の方

【注文住宅プランニング内容】
・図面
・イメージパース
・設備などのプレゼンボード
・お見積  etc.

InstagramアメブロFC2ブログライブドアブログLIMIA

家を建てたいが、何から始めたらいいか解らない。どこに相談?

注文住宅を建てる!今すぐ必要か?資金は?

注文住宅、家を新築、購入するにあたってまず何を?

家を建てる費用・本体価格以外にどんな費用が?

注文住宅と建売住宅、何が違うか?メリット・デメリット

家を建てたいが、何から始めたらいいか解らない。どこに相談?

家を建てたい、まずはハウスメーカー、分譲住宅などのモデルハウスを見に行かれる事が多いと思いますが、注文住宅の場合は企画住宅、建売、分譲住宅のように決まった間取り、外観はございませんので、こだわりの強い方はやはり建築事務所に依頼する事になると思われます。


自分の予算内でどんな外観、内装の家が建つの?
資金計画をどうすればいいの?総予算は?

建築基準法というものがあり、その地域、場所により建てられる家の大きさ、高さが決まっています。建て替えの場合、今と同じ大きさの家が建たない場合もございます、まずはご相談下さい。デザインファーストでは建築費と外構工事、その他費用をまとめた試算表を作成させて頂いております。


自分たち家族のライフスタイルに合った、設計・間取りとは?
気になる土地があるけど、本当にこの土地を購入しても大丈夫?

地域にもよりますが、建物の外観、色が制限されている地域もございます。
間取りについてはお客様とお話しさせて頂き理想の間取りをご提案させて頂きます。


Design 1stでは、そんなお客様のお悩みや疑問を解決する場として、
「注文住宅の無料相談」を開催しております。

お客様ごとに個別対応いたしますので、家づくりに関するお悩みや質問をどんな些細な事でもお聞かせください。施主様の家づくりへの不安が少しでも解消できればと考えております。
当たり前の事ですが、私たちの家づくりは、施主様のお悩み・ご要望をよく聞くことからはじまります。

どんな家を建てたいと思われているのか?
将来、どのようなライフスタイルを想定されているのか?
想定されているご予算はどのくらいなのか?
現状、どんなことでお困りなのか?

すべてのお悩み・ご要望をお聞きし、施主様の願いを、そして夢を実現にできる具体的プランを間取り図だけではなくCGでご提案させて頂きます、家づくりのプロとして私たちが担う最も重要な役割です。

Design 1st.一級建築士事務所では、お客様の言葉に出来ない、表現しきれない思いを出来る限り正確に、目で見えるように表現し、形に変える手助けをさせて頂ければと常に思っております。夢を現実に近づけるお手伝いをさせて頂く事が私たちの仕事なのです。



家づくり,注文住宅を建てる!今すぐ必要か?資金は?

家づくり,注文住宅を建てる!今すぐ必要か?資金は?家を建てる、買うキッカケは?

家を建てることは人生最大の買い物と言われており、大変重大な決断です。
それらの理由は人それぞれですが、当社にお越し頂いたお客様を例に挙げさせていただくと、現在は賃貸住宅にお住まいで、家賃程度の住宅ローンで建てられること、結婚や社会的信用のために、両親と二世帯住宅に、現在の家が狭いので、もう少し大きな家に等。

そして多くの方が不安を持つのは資金計画だと思われます。
家を建てる場合は、建て替えでなければ土地の取得に本体施工費、諸経費、
工事をしないと分からないものもあります。

例えば、建設予定地が軟弱な地盤の場合に必要となる地盤改良工事もその一つです。
又、工事が始まった後でも、キッチンやバスなどの設備、床や壁などの内装材をもう少し良いものに!と当初の予算よりオーバーするという事は普通の事で、最初の図面通り作って行く方は少ないでしょう。
予想外の出費を強いられることは決して稀なことではありません。
予算に余裕があればいいのですが、ギリギリの予算でとならない為にも余裕を持ち計画する事をお勧めします。

家づくり,注文住宅を建てる!今すぐ必要か?資金は?将来の見通しは?

将来の立場や収入を予想することが大変難しいのが現状です。
しかし将来の不透明さを嘆いていてばかりいても何も始まりません。
ご主人が将来独立する夢を持っていらっしゃる場合など、せめてその夢を見極めるまでは家づくりを考える必要があるのではないでしょうか。
逆に、独立の予定があるので、ローンを組みやすいサラリーマンであるうちに家を建ててしまいたい、とお考えの方がいらっしゃいますが、よほど独立に不安がない場合を除いては、少なからずリスクが伴うと考えておきましょう!
計画を立てて行く際に最も重要なことは 総額でいくらまでなら出せるかを試算し、決めていくことです。
現金で全額支払うことが出来る方もおられるかもしれないですが、ほとんどの方は住宅ローンを組まれるのが一般的です。

おおまかに分けて住宅ローンには下記のように3種類あります。

※(1) メリット デメリット
全期間固定金利型
  • 全期間の返済額を確定できるので、長期にわたるライフプランがたてやすい。
  • 低金利時に借りると全期間にわたって低金利のメリットを享受できる。
  • 高金利時に借りると、将来にわたり高金利の返済額が確定してしまう。
変動金利型
  • 借入時の金利は一般的に固定金利型より低い。
  • 一般的に金利低下局面では、返済額が減少する。
  • 借入れ時に将来の返済額が確定できず不安が残る。
  • 一般的に金利上昇した場合、返済額が増加する。
  • 金利が一定以上に上昇した場合、「未払利息」が発生する恐れがある。
固定金利期間選択型
  • 一定期間の返済額だけ確定できる。
  • 固定金利期間終了後の返済額が確定せず不安が残る。
  • もし固定金利期間終了後金利が上昇した場合、返済額が増加する。
※(1)一般財団法人住宅金融普及委員会「住宅ローンの基礎知識」
http://www.sumai-info.com/loan_kiso/ 2015/10/15

注文住宅を建てる!今すぐ必要か?資金は?家族、生活スタイルは?

一度家を建てれば、何十年とそこに住み続けるわけですが、その間にお子様が増え、二世帯住宅であれば同居をされているご両親が天寿を迎えられる、などとまさに一時代分の家族構成の変化を経験することになります。かといって先の事をすべて見通して家の大きさ、間取りを考えることは、まず不可能ですが、ある程度を想定し考えることは可能です。注文住宅の最大のメリットは、家に生活をあわせるのではなく、自分や家族のライフスタイルに合わせた家を建てられることです!



注文住宅、家を新築、購入するにあたってまず何を?

家づくりの場合の構想とは、 何処に?どんな家にしたいのか?何が必要なのか? 住まい造りのコンセプトは、どんな住まい方をしたいのか、ということを元に決まります。そして、住む方一人ひとりのライフスタイルの見直しも必要かと思われます。

「どんな家を」建てたいか?どこに頼むか?

大手ハウスメーカーの規格住宅、不動産会社の分譲住宅、建売住宅、建築事務所で注文住宅!こだわりの強い方は、やはり建築事務所に依頼する事になると思われます。

ただ、こだわりをあれもこれもとなると高額になるのは当然!
何を重視して家づくりを計画して行くかが重要です。

家を建てる場合、総予算があると思いますが、ご家族で夢や現在の住居に対する不満などをじっくりと話合い、何を家づくりに取り入れるべきか、入れるべきではないかを考え、取り入れる点に優先順位をつけて行く事が必要です。

建築事務所などに相談する場合、構想がハッキリしていればハッキリしているほど、その後の計画はスムースに運び、ムダな費用や時間も節約することが出来ると思います。
例えば、予算がオーバーしそうな時も、要望の優先順位がハッキリしていれば、何を削ればいいかを簡単に判断することができるでしょう!

計画して行く際に、間取り、部屋数などは一番大切なところです。
家の外観、内装、仕様も規格住宅ではない注文住宅では、家づくりの依頼先にも様々な特徴があり、自分たちに合わない依頼先を選んでしまうと、思い描いた構想と全く違う方向に計画が進んでしまうことになる場合もあります。 そうなれば、大切な時間が無駄に!なんて事にもなりかねません。
考え方の違いによって意思の疎通がままならず、不満だけが残る結果に…

長い期間住まいづくりに向かって過ごす訳ですから、その間に良好な信頼関係を維持できる相手かどうかは大切です。 信頼関係を築けなければ、小さな行き違いでもお互いに疑心暗鬼の悪循環に迷い込み、最後は計画が崩壊することさえあります。
一方、良好な信頼関係があれば、多少のトラブルでも力を合わせて簡単に乗り越えられ、それによってますます信頼関係が深まり、より満足のいく家づくりへと近づくことができます。
各社に資料請求するというのも大事ですが、我々Design.1stでは実際に会ってみて、話し合い、計画を立てて行きます。 それが良い家を作る一番大切なところではないでしょうか?



家を建てる費用・本体価格以外にどんな費用が?

建設にあたっての家の坪単価は?

坪単価という表し方があります。
坪単価とは、一坪あたりの面積おおよそ3.3㎡の施工費のことで、建物各階の延べ床面積の合計を坪単位に換算した数値で割ったものです。
規格住宅、建売、分譲住宅の場合ある程度間取り、仕様を限定し坪単価いくらという価格表示をすることは可能ですが、注文住宅の場合だと同じ家は他にありません。一軒一軒外観、仕様など全く違うので細かな見積もりを作成していくので坪単価いくらと決める事は出来ないのです。
お客様から、よく “坪単価いくらくらいで?” とご質問を頂くのですが、過去の例からおおよそでお答えする事はできますが、あくまでも例なので確実な数字ではありません。

家を建てる費用・本体価格以外にどんな費用が?
家を建てる場合建物本体価格(建物だけ)以外にかかる費用とは?

まずは設計費(価格10%~)、そして家を建てる場合には許可が必要で、役所や民間の指定確認検査機構に申請する建築確認申請。この審査過程は1~3週間程度かかり、建築確認申請証という証書が発行されると、家を建てる事を公に認められたことになります。

他にも審査機関による検査費用、古家がある場合では解体費も必要となります。
現在では建築リサイクル法が施工され、解体業者が記録を残すことになっていますが、もし違反するような事があれば依頼した発注者が罰則を受けることになるので業者の選定は、記録をしっかりとつける優良業者であることを確認の上、解体を依頼することが重要です。
そして最終的な見積もりを出す前に地盤が軟弱かどうかを調べる敷地の調査費、調査の結果によって補強が必要な場合では地盤改良費、さらに生活に欠かせない上下水道、電気、ガスの引き込み費用、他にも施工業者が選定してくれますが、個人でこだわり抜くことが出来る照明器具、エアコン、カーテン、庭や駐車場といった外構工事などがあります。
これだけでも家により違いますが、最低300万程度は必要になってきます。(あくまでも最低価格です)
当社で注文住宅を建てられる場合、基本設計費は無料とさせて頂きますが、申請業務費と構造計算(木造2階建ての場合はN値計算、N値計算とは2階部分との接合金物を選考する計算です)の場合は有料となります。



注文住宅と建売住宅、何が違うか?メリット・デメリット

注文住宅と建売住宅、何が違うか?メリット・デメリットもはっきりしていると思います。

注文住宅のメリットは
好きな土地に好きな家を建てられる
決まった外観や仕様がないので外観のデザインはもちろんのこと、内装や設備なども自分の意志を反映することが出来、こだわりの家を建てられるという自由度の高さです。
建売住宅のメリットは安価で、買えばすぐに住めるというところです。
そして、デメリットはその裏返しになります。

注文住宅はお客様の要望で、法律と予算が許せばどのような家も建てることもできます。
外観デザインに凝った家、ライフスタイルや趣味を反映した家、用途のハッキリした家、グレードの高い家を望む方は、注文住宅が選択肢になります。
最近は、ある程度デザインされた建売住宅も増えていますが、あくまでも販売するためのデザインであり、本質的には建売住宅の仕様や間取りは極めて汎用的な造りにし、住宅を量産しコストダウンすることであり、その後の追加設備や間取りの変更などは限界があります。
建売住宅はこだわり、個性を強めれば強めるほど顧客層が限定されて販売しにくくなってしまうからです。
価格面では、注文住宅は一から外観、内装、仕様を決めていくので建売住宅より高くなる場合がほとんどです。現在は仕様、内容などがある程度最初に決まっていて間取りなど変更可能な注文風住宅も増えてきています。

Design 1st.一級建築士事務所では、お客様の言葉に出来ない、表現しきれない思いを出来る限り正確に、目で見えるように表現し、形に変える手助けをさせて頂ければと常に思っております。
夢を現実に近づけるお手伝いをさせて頂く事が私たちの仕事です。